就職活動をする時に是非ともチェックしたい福利厚生の内容について

これから就職活動をされる際に、是非ともチェックしていただきたいものが一つあります。
それは、自分が働きたい就業先の福利厚生はいったいどうなっているのかです。
福利厚生とは別名「第二の給与」とも呼ばれています。
就業先を選ぶときに、給与額については熟慮することがほとんどですが、実はこの福利厚生が手厚いかどうかも重要なチェックポイントなのです。
手厚いほど、そこで働く従業員にとっては、いろいろな恩恵を受けることが出来るし、いかにその就業先が従業員を大事にしてくれるかどうかのバロメーターともいえるでしょう。
どんな恩恵を受けることができるのかといえば、法律で定められた法定福利と、就業先で決めることができる法定外福利というものがあります。
法定福利には、健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険などがあり、法定外福利には、財形貯蓄や住宅補助、レクレーション、食事補助など就業先で自由に決めることができるのです。
たとえば従業員に対して誕生日の日は有給休暇を与えたり、従業員の家族全員に遊園地の招待券をプレゼントしたりなど自由に決めることができるのです。
優良企業のほとんどが、こうした従業員に対するサービスがとても優れているので、こうした点も就職先を選ぶときにチェックしておくとよいでしょう。